こんにちは!

 

 

今回は、お食事の時だけではなく、普段のくつろぎの際にも腰掛ける機会の多いダイニングチェアについてのお話です。

ダイニングチェアを選ぶ際、大事なポイントの1つとして挙げられるのが、座り心地。

座面の素材にはさまざまな種類がありますが、板座、ファブリック、合皮が主に使用されている素材です。

それぞれの特徴をご紹介しますので、買い替えや、新しく購入する際に参考にしていただければと思います(^^)

 

まずは、板座のダイニングチェア。

 



身体に直接触れる部分が木でできているのが、板座です。

板座のダイニングチェアは、汚れた場合にも汚れをサッと拭き取ることができ、非常に丈夫なつくりの物が多いのが特長。そして、木本来のぬくもりを最も感じることのできるタイプです。

他の座面と比べると座り心地は硬いので、長時間座るのにはあまり適してはいませんが、クッションシートを敷くことでその悩みは解消できますよ(^^)

 

 

続いては、布地(ファブリック)。


座面がファブリックのダイニングチェアは、クッション性が高く、座り心地が柔らかいのが特徴。

カラーが非常に豊富で、それによりコーディネートの幅がぐんと広がるので、お部屋のアクセントにピッタリです(*’▽’)

また、カバーを替えることのできる物が多く、気分を変えたい時や、汚れてしまった場合でも安心なのも嬉しいポイント。

 

 

最後は、合皮のダイニングチェア。


座面が合皮のダイニングチェアは、高級感のある見た目ですが、価格はリーズナブルな物が多いです。

機能面では水や汚れに強く、なめらか触り心地が気持ちいいため、NESTデザインでは合皮のダイニングチェアを選ぶ方が増えてきている印象。

シンプルなデザインが多く、どんなダイニングでも合うため、万能なチェアといえます。

ダイニングチェア選びに迷った際には合皮のチェアを選ぶのもいいかもしれませんね(^^)

 

3つの座面の特徴をそれぞれ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

デザインはもちろんですが、座り心地もダイニングチェアを選ぶ際の重要なポイントとなります。

他の家具と同様、ダイニングチェアにも様々なデザインや素材の物がございますので、少しでもチェア選びにお悩みのある場合には、NESTデザインのコーディネートサービスをぜひご利用ください。

弊社スタッフがお客様のご希望に沿ったチェアをご提案致します(^^)/

 

また、今回写真で紹介したダイニングチェアは、浜佐陀店に展示品がございます。

実際の座り心地は、展示場にてお確かめください。皆様のご来店をお待ちしております!!

 

 

 

それでは。