皆さま、こんにちは。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番がやってきましたね。

個人的なことなのですが、私は夏の夕方が好きで、少し涼しくなった頃を見計らってよくお散歩に行っています。明るい時間が長いと一日が長く感じれますよね。

最近暗くなってきた頃に家に入ると、素敵な照明があったら家の雰囲気もより素敵になるんだろうなと思うことが増えました。

そんなところから、今回はお家を快適に居心地良くしてくれるペンダントライトを紹介していきたいと思います。

 

まず、ペンダントライトとは天井からチェーンやコードで吊り下げられる照明で、ダイニングテーブルやカウンターの上によく使われます。

照明の大きさや形によって一灯だけでなく二灯、三灯つけたり、高さやシェードの種類を変えることもできます。

今回紹介する納品事例をもとに、照明の色や雰囲気も参考にしていただけたら嬉しいです。

 

まず紹介する照明は、丸の形が可愛らしいガラスのペンダントライトです。

ダイニングテーブルの上に2灯つけることで明るさもちょうど良く、ガラスの色味がグレーなので明るさが柔らかくなりお部屋の雰囲気にも合っていて素敵ですよね。

また、このライトは下の縁にゴールドメッキ塗装があるので華やかで高級感があり、シンプルながらも存在感が生まれます。

松江市納品事例

出雲 照明 ペンダントライト 

 

出雲 照明 ペンダントライト ライト 

 

次に紹介するのは小振りで陶器製のペンダントライトです。

サイズ感が扱いやすく、ダイニングなどには多灯吊り、廊下などの小スペースには一灯で使うことができるのでスペースや用途を選ばずに使用できるのが特徴です。

素焼き特有の表面の質感が、重い印象になりがちな黒色を和らげており、部屋の統一感にも繋がっていて素敵ですよね。

出雲市納品事例出雲 ペンダントライト 照明 納品

出雲 照明 ペンダントライト 納品

 

次に紹介するのは、ゆらぐようなフォルムが特徴的なペンダントライトです。

アルミ板を人の手によって感覚的にねじられ、やわらかな陰影のコントラストを作り出すのが特徴のライトです。

ダイニングテーブルの上に一灯あるだけで存在感が大きく、かっこいいフォルムながら優しい光で部屋を照らしているので、落ち着きのある雰囲気になり素敵ですよね。

松江市納品事例出雲 ペンダントライト 照明 ダイニング

出雲 照明 ペンダントライト 納品 ダイニング

 

いかがでしたでしょうか。照明を少しこだわることによって部屋の雰囲気が変わったり、おしゃれに見えたりします。

しかし、照明をこだわりたくても明るさがどこにどのくらい必要なのか、多灯吊りをする際にどの組み合わせが一番いいのかなど自分達で考えると大変になることもあると思います。

インテリアショップNESTでは、皆さまのイメージや好みに合わせてご提案させていただき、素敵なお部屋作りの手伝いをさせていただくので、気軽に足を運んでいただけると嬉しいです。

 

スタッフ一同ご来店をお待ちしております。