人間工学からみる家具の選び方

みなさまこんにちは。

台風が日本列島に来ております。

NESTは営業しておりますがみなさま気をつけてください。

なるべく外には出ないでください。

川なんて見に行かないでください(>_>)

今日はNETFLIXhuluをみてお過ごしください。

それでも暇ができれば当店のブログの見直しを。笑





さて今日は少し真面目な話をいたします。

人間工学はご存知でしょうか?

A、人間工学は、エルゴノミクス(Ergonomics)やヒューマンファクター(Human Factors)とも呼ばれており、私たちの生活の中に定着しています。人間工学は、働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な科学技術です。

と日本人間工学会も言っておられます。

さて(?)ですね。





インテリアと人間工学について

わかりやすく数式で説明いたします。

人体寸法で適正な家具の高さなどがわかることもあります。

身長を1Hとすると両手を伸ばした長さ(指極)も1Hです。

眼高(がんこう)立った時の床から目線の高さ0.9H

肩峰高(けんぽうこう)肩までの高さは0.8H

座高(ざこう)座った時のお尻から頭は0.55H

指先点高(しせんてんこう)立った時の指先から床まで0.4H

肩幅、0.25H

下腿高(かたいこう)座った時の膝までの高さ0.25H

机面高(きめんこう)机の高さの推奨値0.4H

机のいい高さは

180cmの人の場合は1800*0.4=720mm

160cmの人の場合は1600*0.4=640mm

椅子の座面高さは

180cmの人の場合は1800*0.25=450mm

160cmの人の場合は1600*0.25=400mm

じゃあ合う椅子に座った時の目線の高さは?

180cmの人の場合は(1800*0.25+1800*0.55)*0.9=1295mm

160cmの人の場合は(1600*0.25+1600*0.55)*0.9=1152mm

ご参考に(*^o^*)

写真は新入荷のHOLDチェアです!

¥29000+TAX