インテリア家具・カーテンは松江のインテリアショップNESTへ

松江市 S様邸 家具・カーテンコーディネート

By | 9月 21st, 2021|Categories: 未分類|

皆さま、こんにちは。 今回は先日、家具・カーテンを納品させていただいた松江市のM様邸をご紹介したいと思います。   松江市 S様邸 / たなべの杜 無垢材の梁やフローリングで、木の香りが漂う、温かみのある素敵なリビングダイニングにコーディネートさせていただきました。   カーテンは柔らかな無地のミラーレースとアイボリーのカーテンで、リビングダイニング全体をナチュラルで明るい印象に。   セラミック天板を使ったシャープなダイニングテーブルは、スペインLevantina社製の高級セラミックを使用した100%天然素材で、独特な質感とカラーリングを実現しています。 もちろん、熱・傷・汚れ・水に強く抗菌効果もあります。 メタル脚はスライド式の可変タイプ。使用人数・ 用途・空間に応じてフレキシブルに対応できるデザインになっています。 チェアは、背あたりが良く安定感のあるフォルム。シートはヴィンテージレザーのようなムラ感を表現した合皮張り。汚れが気になるダイニングでも安心してお使いいただけます。 お揃いのベンチで、空間も広々と。   リビングの中心には、国産ソファ専門店の”FLANNEL SOFA”の「BRICK」を。 ブログでも何度がご紹介をさせて頂いているスタイリッシュなフォルムのロータイプソファです。 サンドベージュ色がオーク無垢材のフローリングに優しくマッチしています。 オプションで、木肘も設置可能で、S様邸では、座って左側を木肘に変更。あえてセンターテーブルは置かず、木肘をサイドテーブル代わりに使用し、リビングがより広々としました。 木部は無垢材を使用しており、使い込むほど味が出るよう、オイル塗装のみの仕上げとなります。 ウォールナット無垢材、オーク無垢材の2種類からお選びいただけます。   また、座面と肘面までの高さが120mmで低く作られていて、肘置きとしてはもちろん、 寝転ぶにも最適の肘の高さになっており、枕代わりに丁度良い高さです。     TVボードの、オークの木目とマットブラック仕上げのコントラストがリビングにアクセントを加え、照明との相性もバッチリです。     いかがでしたでしょうか? 今回コーディネートさせていただいた、ダイニングテーブル・チェア、BRICKソファは、学園店にも展示しておりますので、是非ご来店いただき、実際に触って素材感を確認したり、座り心地なども確かめてみて下さい。 [...]

LOHASな”ハグみじゅうたん”

By | 8月 5th, 2021|Categories: 展示品紹介, 未分類|

皆さま、こんにちは。   今回は、当店で新しく取り扱いを始めた、ちょっと変わった名前の「ハグみじゅうたん」をご案内します。   「ハグみじゅうたん」の名前の由来は、 育む=ハグくむ  HUG(抱きしめる)=ハグ そんなふうに日々の暮らしに"寄り添うじゅうたん"でありたいという思いから「ハグみ」と名前がつけたそうです。     ラグ・じゅうたんの役割とは? ハグみじゅうたんの特徴をご紹介する前に、そもそもラグやじゅうたんの役割とは何でしょうか?   ・ハウスダストの舞い上がりを抑制し、空気をキレイに保つ ・空間を区切るゾーニング効果 ・床を覆うことによる保温効果 ・下の階を気遣っての消音効果(特にマンションの場合) ・フローリングの床の傷防止 ・小さなお子様が転んでも、クッション替わりとなり受け止めてくれる ・衝撃を吸収し、足腰が疲れにくい   など、単なるインテリアとしての役割だけでなく、このように様々な役割があります。     ラグ・じゅうたんの中でも、「ハグみじゅうたん」は自然素材を使い、手仕事で仕上げた"ロハス"なじゅうたんで、とても人気が高まっています!   ハグみじゅうたんの特徴   丁寧な手仕事の「造り」 糸を染めるところから、一つ一つ丁寧に手仕事でつくられています。その分、丈夫で耐久性は10年〜15年(シリーズによっては約30年)です。   [...]

【学園店】格子が魅せる洗練されたソファ

By | 7月 2nd, 2021|Categories: 展示品紹介, 未分類, 松江|

皆さま、こんにちは。   ブログでも何度がご紹介しておりますが国産ソファ専門店「フランネルソファ」から、木フレームの『Strand(ストランド)』の展示を学園店にて始めました! 木フレームは天然無垢のオーク材とウォールナット材があります。 展示品には、オーク材に優しい色合いのサンドーベージュ生地を選びました。     洗練された美しい格子 背面から見ても美しく、細いラインにより繊細なデザインを際立たせています。 その美しい木フレームを生かし、バネは一切使用せず、クッション材のみで設計。座面のウレタンは、バネでは表現できないコシのある座り心地で、しっかりした耐久性も兼ね備えています。 背クッションにはポリエステル綿とフェザー(羽毛)で、身体に優しくフィットします。 背クッションの高さ変更 背クッションが木フレームにすっきり納まったノーマルサイズか、肩までしっかり身体を支えてくれるハイバックサイズかをお選び頂けます。 空間を見通し良いレイアウトにしたい方はノーマルサイズ、長時間ゆったり座っていたい方はハイバックサイズをおすすめします。 ノーマルサイズ(生地カラー:サンドベージュ)   ハイバックサイズ(生地カラー:背面クッションのみミルクティー) フルカバーリング対応 クッション部分は布生地から、本皮まで幅広くお選び頂けます。 展示品は以前もブログでご案内させて頂いた「HCシリーズ」で、最も高い耐久性とメンテンスのしやすが魅力的なウォッシャブル対応のマイクロファイバースエード生地です。 このソファの素晴らしさが、画像だけではなかなか伝わらないと思います。 [...]

2つの役割を持つソファ

By | 6月 23rd, 2021|Categories: 日々の出来事, 未分類|

こんにちは。   皆さん、お家時間が増えた今、家族が多くの時間を一緒に過ごす、家の中心であるリビングダイニングルームは快適に過ごせる空間ですか? 家族が集まるがゆえに、家具や物であふれ窮屈で落ち着きのない空間になっていませんか?   本当はダイニングでゆっくり食事をしたり、リビングのソファでくつろぎたいけれど、子供が小さいうちはソファを諦めたり、逆にダイニングテーブルやチェアを置かないで、リビングのテーブルで食事をしている…という声もよく耳にします。 限られたスペースをどのようにくつろぎの空間にしたらよいのか…とお悩みの方。 ダイニングにはダイニングテーブルとダイニングチェア、リビングにはセンターテーブルとソファという固定観念を持っていませんか?   そんな時、前回のブログでご紹介したマンションコーディネートでも登場しましたが、「ダイニングソファ」という選択肢があります。 ダイニングソファって何? ダイニングソファとは、くつろぐソファと食事をするダイニングチェア、2つの役割をもつソファです。 ダイニングテーブルとソファが一体となり、兼用することでお部屋を広々と使用することが出来ます。 ダイニングソファーは食事のしやすさを考え、座面は通常のソファより浅く、沈み込みすぎないよう作られている為、立ち上がりやすく、立ち座りの頻度が多いダイニングシーンでも便利です。 そしてダイニングソファ用のテーブルは、ソファに座った状態で食事や作業がしやすいよう、ソファの高さに合わせ通常よりも低めの設計になっています。 L字型でくつろぎの空間へ L字型に設置することで、カウチソファのように足を伸ばし、くつろぐことができるのもダイニングソファならでは。食後にまったり、それぞれ好きなことをしながら同じ空間で過ごすことができます。 組み換えで様々なシーンに 置き方により、使用方法や雰囲気もガラリと変わります。対面にすることで、4方向から入ることができ、大人数での使用に向いています。 [...]

カリモク60 〜時代を超えて愛される家具〜

By | 5月 23rd, 2021|Categories: 展示品紹介, 松江, 納品|

皆さん、こんにちは。   今回は、島根県で唯一、当店のみで取り扱いをしている国内ブランド「カリモク60」をご紹介致します。 「カリモクロクマル」と聞くと、最初は何だろう?と思われた方もいらっしゃると思いますが、1962年に国内向け木製家具の製造を開始した国内最大級老舗家具メーカー「カリモク家具株式会社」のブランドです。 1960年代から廃盤になることなく作り続けられてきたプロダクトを改めて世に伝えるべく2002年に誕生した、『変わり続ける現代だからこそ変わらない価値を持つモノ』をコンセプトとした、古くて新しい家具ブランドです。 誕生した当初から非常に人気も高く、ファンも多い「カリモク60」。シンプルなのに存在感があり、お部屋の家具を全てカリモクで揃えたくなるような魅力のある家具です。 「普遍的なデザイン」と「現実的な価格」   カリモクの椅子、第一号 カリモク60の中でも人気のこちらのKチェアは街でもよく目にすると思います。 Kチェアは初めての自社製品として開発されたカリモクの椅子の第一号です。当時、木製パーツだけで製造していた輸出向け家具の中から、最もシンプルなものを選び、日本の住宅向けに改良がほどこされました。 もちろん住宅だけでなく、カフェやショップ、クリニックなどジャンルを問わず支持されています。 その理由として、メンテナンスが楽で耐久性もあり、幅広い雰囲気にあったデザイン性があるからです。 カリモク60はチェアだけじゃない!! 代表的なKチェアやロビーチェアの他にも、ダイニングチェアやテーブル、TVボード、収納・デスクなどがあります。 どれも、ただシンプルなだけではなく、独自の雰囲気を感じさせ、時代はや流行りや自分の好みが変わっても、飽きることなく永く使えるデザインになります。 カリモク60が選ばられるワケ カリモク60が多くの支持を集め選ばれている理由は、次のようなものがあります。 [...]

お部屋をスッキリとした印象に見せるダブルシェード

By | 5月 19th, 2021|Categories: ローマンシェード, 松江, 納品|

皆さま、こんにちは。   中国地方は早くも梅雨入りしてしまいましたね。 史上2番目に早い梅雨入りだそうです。 GWは良いお天気が続いていたので、朝、窓から心地よい光が差し込み、清々しい気分で外に出かけたくなりましたが、ここ数日は雨ばかりなので、さらにおうち時間が長くなりそうですね。       窓をコーディネートするカーテン   「窓」といえば、私たちの住まいに欠かせないですよね。 光を取り込んだり、換気をするための大切な機能をみなしているので、各お部屋にあると思います。 そんな窓をコーディネートする「カーテン」は、機能だけでなく、お部屋の配色が決まる重要なアイテムになります。 一口に「カーテン」と言っても、形状にいくつか種類があるのはご存知でしょうか? 代表的なものでいうと、下記のようなものがあります。 ・ドレープカーテン ・レースカーテン ・ブラインド ・ロールスクリーン ・ローマンシェード       スッキリとした印象のローマンシェード その中でも、今回はローマンシェードについてご紹介したいと思います。 ローマンシェードとは、ドレープカーテンを折りたたみながら上下に昇降させて開閉することができるカーテンのことです。 最上部まで引き上げると窓幅全体があらわれ、サイドに開くカーテンよりもスッキリとした印象になり、小窓や腰窓によく使用されます。 通常ドレープカーテンとレースカーテンを2重で使いますが、シェードも同じ様に2重で使えるダブルシェードというものがあります。 上部にある1台のメカで部屋側と窓側の2枚のファブリックを昇降するので、省スペースでスタイルッシュな雰囲気を演出できます。   [...]

【学園店】壁一面の収納家具 「margherita」

By | 4月 30th, 2021|Categories: 展示品紹介, 未分類, 納品|

みなさま、こんにちは。   この度、当店で今話題の収納家具「マルゲリータ」の取扱いをはじめました! 「マルゲリータ?」と、初めて聞かれる方もいらっしゃるかもしれません。 他の家具メーカーと違い、こちらの収納家具は建築設計事務所が開発・デザインしています。 margherita(マルゲリータ)とは英語でmargaret(マーガレット)、すなわち「雛菊」を意味するイタリア語。「雑貨以上、家具未満」の領域を目指し、単体の花の集合体のような集積的なプロジェクトを企画して、本棚・収納棚やデスク、ソファなどさまざまなプロダクトを製作されています。   その中でも今回学園店に展示させて頂いたのが、こちらの木製の本棚です。 画像を見ていただいてもわかるように、壁面を床から天井まで最大限に活用可能。背板のないオープンラックなので、圧迫感もなくシンプルなデザインです。 そして、本や雑貨などたくさん置いても全くたわまない!とても丈夫です! 今回は当店では既製サイズを展示しておりますが、こちらの製品は部屋のサイズに合わせて高さや幅を調整してくれるので、どんな部屋でもオーダー家具のような壁一面の収納が簡単に実現できます。 こちらの画像は、最近マルゲリータの本棚を納品させて頂いた企業様のオフィスです。 当初はマルゲーリータの本棚をL字の壁面に2台置く予定でしたが、マルゲリータの方から、L字に加工すると角のデッドスペースをなくし有効活用できる旨ご提案をして頂き、画像のようにL字の壁にそった本棚を設置することができました。 発注の際、壁の高さや幅はもちろん出窓部分や壁面下部の幅木、上部の廻り縁などのサイズをお知らせし、ミリ単位でカットしてくれます。 実際に送られてきた木製板を組み立てていくのですが、板と板が気持ち良いくらいスムーズにはまり、完成した製品を壁面に合わせると、L字の壁面隙間なくピッタリと設置できました。 さすが、設計事務所が手掛けている製品だけある!と感動モノでした。 これから新築やリフォームをお考えの方、また現在ご利用の収納家具をもっとお部屋にピッタリのサイズにしたいとお考えの方、一度学園店にお越しいただき、実際にマルゲリータの製品をご覧下さい!

人気照明器具メーカー「アートワークスタジオ」の魅力

By | 2月 20th, 2021|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事|

皆さま、こんにちは。   今回も引き続き照明器具についてお届けします。   前回照明のBLOGでご紹介した人気メーカーの一つ、魅力的な照明の数々を自社専用の金型から作り上げている『アートワークスタジオ』について、もう少し詳しくご案内していきたいと思います。     まず、当店がなぜアートワークスタジオの商品をセレクトしているか…   インダストリアル、ヴィンテージ、ブルックリン、レトロ、北欧、和モダン、ナチュラルスタイル、西海岸スタイルなど様々なテイストに合う豊富な品揃え   アイテムごとの素材やカラーのバリエーションが豊か   デザインが昔から変わらないロングセラー商品や流行を取り入れた商品などラインナップが多彩   カスタムシリーズは、本体・シェード・電球の組み合わせでパターン2000通り以上!自分だけの照明が作れる   今っぽい印象だが、20年を超えるを歴史のあるメーカーで、技術や品質も高く安心   そして… 何よりも、これだけの魅了がありながらも、価格は決して高くない!     当店がインテリアコーディネートに取り入れている理由がおわかりいただけたでしょうか? ということで、今回もアートワークスタジオの商品をいくつかご紹介させていただきたいと思います。     まずは、アートワークスタジオの「顔」ともいえる「インダストリアル」なテイストの照明の中から、こちらの『RAILROAD』をご紹介します。 新品でありながら漂ってくるヴィンテージ感。 細部までこだわり抜いた造形で、「マット」で「ざらつきのある」シェードの風合いは、さすがのクオリティです! そして、真鍮のソケット本体に刻印されたロゴのデザインもほどよい存在感で、レトロな雰囲気を演出するのに最適です。 [...]

「癒し」の光、照明器具の人気メーカーをご紹介

By | 1月 5th, 2021|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事|

  皆さま、こんにちは。   今回も前回に引き続き、さまざまな光で明るく、そしてあたたかく照らしてくれる「癒し」の光、照明器具についてご案内します。       さっそく、当店で取り扱っております数ある人気メーカーの中から、特に人気のある3つのメーカーの商品をいくつかご紹介します。       <ART WORK STUDIO> アートワークスタジオは、神戸発の照明・家具・インテリア雑貨のメーカーです。 オリジナルデザインの照明はパーツの一つ一つにこだわり、自社専用の金型からつくりあげることで、独自のフォルムと世界観を生み出しています。 特に人気なのが、自分好みでカスタマイズし、DIY気分で楽しめる新しい照明のスタイル『カスタムシリーズ』です! 39種類の器具本体×69種類のシェードを自由に組み合わせ、自分好みにカスタマイズでき、そのパターンは2000種類以上にも及びます。 器具本体はカラーも選べ、用途に合わせてペンダントライト・シーリングランプ・ウォールランプ・デスクランプ・フロアランプの5タイプから選べます。(※写真はシーリングランプとフロアランプになります)   シェードも全8種類から選べ、自分だけのスタイルの照明選びが可能です。 中でも当店で人気のシェードはこちらの3種類です。   ・STAINED GLASS SERIES ステンドグラスシェードは、個性的なデザインとサイズ感がかわいらしく、細部までデザインや配色にこだわり、職人が一つ一つ手作業で製作しています。 ガラスシェードから溢れる光は、優しくてどこか懐かしく、ハンドクラフトならではの個性ある表情も特徴のひとつです。 [...]

知っておきたい照明器具の選び方

By | 12月 17th, 2020|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事, 未分類|

    皆さま、こんにちは。   雪が降り、急に冬らしくなりましたね。 寒くなるとお部屋やお店などを照らす照明の、あたたかい光の空間にいるだけで癒されますよね。   そんな居心地が良い空間を作り出すには、照明器具は欠かせないアイテムになります。 皆さまは、住まいで照明器具をつかうにあたって、部屋の雰囲気にあったデザインはもちろん、明るさや光の色、どの部屋にどんな照明器具を使うのかなど、悩まれたことはありませんか?     今回は、住まいで使う照明器具について、種類別に設置する空間や、機能・性能を踏まえた選び方をご紹介します。     どの部屋で、主に誰が、どのような場面で使うのか、など条件によって選ぶ照明器具の種類や光の色は変わってきます。まずは、ランプ(光源)の種類と特徴についてご案内します。 家庭用の照明器具に使用されるランプには、主に白熱電球、蛍光ランプ(蛍光灯)、LEDランプ(LED照明)があります。それぞれの特徴を知っておきましょう。     ・白熱電球 温かみのある光が特徴のランプです。以前は家庭用照明器具に多く利用されてきましたが、地球温暖化防止のために、現在では国内の多くのメーカーが製造を中止しています。 低価格で購入できて、スイッチを入れるとすぐに点灯します。やわらかいオレンジ色の光で食べ物をおいしく見せたり、リラックス効果などが期待できるため、ダイニングやバスルーム、玄関など家庭内のさまざまな場所に向いています。 デメリットとしては寿命が短く頻繁な交換が必要なことや、熱を放出しやすいため近くにいると熱さを感じやすいことなどが挙げられます。   ・蛍光ランプ(蛍光灯) 白熱電球に比べて寿命が長く消費電力が少ないことが特徴のランプです。光の色はやや青白くさわやかさを感じさせる「昼光色」、白っぽく自然光に近い「昼白色」 、電球の光の色を再現した「電球色」の3色から選べます。 均一に明るく照らすのが得意なため、子ども部屋や作業部屋などに向いています。また、キッチンや作業スペース、勉強机などの手元灯としてや、洗面所の鏡を照らすミラー灯として用いられることもあります。 コストパフォーマンスの良さが魅力の蛍光ランプですが、点灯してから本来の明るさになるまでにやや時間がかかったり、寿命は長いものの設置から数か月、数年と時間が経つにつれ暗くなったりチラつきやすくなったりといったことが起こりやすいというデメリットもあります。   ・LEDランプ(LED照明) 白熱電球や蛍光ランプと比べて歴史が新しいのがLEDランプです。LEDランプは、蛍光ランプよりさらに寿命が長く消費電力が低いため、次世代のランプとして一般家庭の照明器具にも広く用いられるようになりました。 さまざまな色の光を出すことができるため、用途に応じて選ぶことができます。ランプの価格は、蛍光ランプと比較すると高額ですが、寿命が長くランニングコストは低いため、結果的にコストパフォーマンスは高いと言えます。       [...]

【浜佐陀店】手の届きやすい価格で楽しむ北欧系家具

By | 12月 1st, 2020|Categories: 展示品紹介|

皆さま、こんにちは。 今回は、浜佐陀店にいくつか展示してあります、『SIEVE』という、北欧系のシンプルなデザイン家具についてご案内いたします。 SIEVEは、丸みのあるフォルムとナチュラルなカラーリングが特徴で、「優しい」「心地よい」といったキーワードが似合う家具をラインナップしています。北欧やジャパニーズモダンな家具との相性も良く、シンプルでいてどこか新しいデザイン性はたくさんの方から高く評価されています。 価格も適正なバランスを意識した設定となっており、「手の届きやすい価格」というのも魅力の1つです。       まずご紹介したいのがこちらのシンプルで伝統的なデザインに新しい感覚を融合させた MERGE ダイニングシリーズ。 四角い天板に斜めに配置された直線的な脚のダイニングテーブルは、細部に丸みを持たせ、やさしさとスタイリッシュな雰囲気をあわせもったデザイン。 木目が美しくあたたかみのあるオーク材を使用し、無垢材の表情が楽しめて、北欧・ナチュラル系のインテリアグッズやファブリックチェアにぴったりです。 無垢は、その名の通り混じりけのない天然木そのものを使った材で、丈夫で耐久性が高く、木が持つ本来の風合いがあるのが特徴です。 化粧板という表面に木目調などのシートを貼った物は、ヘコみや深い傷などで素地が見えてしまいますが、無垢材は傷やヘコミも味わいになり、長く使い込むほどに経年変化し味わいが増します。 また、安定感のある2.5cm厚の天板や床を傷つけない脚裏アジャスターなど、長く安心して使える仕様になっております。 サイズはお部屋の広さやご家族の人数に合わせて、幅1350cmと幅1500cm2サイズからお選びいただけます。 カラーは、ナチュラルとブラウン2色からお選びいただけ、ナチュラルにはオイル塗装、ブラウンにはウレタン塗装と、それぞれの木目や色合いを生かした仕上げを施しています。オイル仕上げのものであれば、ご自分で補修していただくこともできます。 無垢材が持つ色味や模様をデザインと組み合わせ、使いやすさや存在感、そしてコーディネートしやすい最適なバランスのある商品で、幅1500cmの大きさが78,000円とお求めいただきやすいお値段となっております。       MERGE ダイニングテーブルに合わせて、こちらの SAUCER シリーズのダイニングチェアとダイニングベンチも相性ピッタリです! [...]

家具やインテリアのブランド選びに迷ったら CRUSH CRUSH PROJECT!

By | 12月 1st, 2020|Categories: 展示品紹介|

    こんにちは!     皆さま、家具をお買い替えの際、それまで持っていた家具類との兼ね合いや、部屋の雰囲気を壊さないか、など頭を悩ませることがあると思います。   そんな時、何にでも合わせやすい形や色合の家具が多く、上記のような心配をする必要が少ないのが、今回ご紹介する CRUSH CRUSH PROJECT (クラッシュ クラッシュ プロジェクト)の特徴です。 CRUSH CRUSH PROJECT とは、福岡県大川市で室町時代から続く歴史と伝統の中に、常に新しさを持ち合わせた家具メーカー「関家具」がつくる、シンプルナチュラルやクラシック、ビンテージやインダストリアルといった多種多様なテイストをコンセプトに立ち上げた個性あふれるブランドの総称。 遊び心を存分に取り入れつつ、独自性に限界まで挑戦した本来ありえないような組み合わせや、何故か落ち着いて愛着が持てる、そんなユーモアのある空間を提案するインテリアコレクションです。   先ほども言いましたが、CRUSH CRUSH PROJECT は様々なコンセプトに沿ったブランドの総称です。ここからは具体的に、個別のブランドをいくつか紹介していきます。       まずは、Knot antiques (ノットアンティークス)というブランド。 一言でいうならば、古材を使った家具です。 使用しているのは中国の古い民家などで柱や建具に使われていた古い木材。ただのリサイクル家具とは一線を画したものです。時間の流れのみが作り出す、古材の持つ温もり、風合いを生かした木材は一つ一つがもはや一点物といってもよいでしょう。 Knot antiques を選ぶということは、本当の意味で自分だけの家具を手にすること。どのような場面にも違和感なく溶け込む落ち着いた雰囲気は、様々なカテゴリーの家具と組み合わせても違和感を抱かせません。 [...]

【学園店】ダイニングの顔となるテーブルの天板。注目のセラミック天板の魅力とは

By | 12月 1st, 2020|Categories: 展示品紹介|

皆さま、こんにちは。  先日より学園店にて、新しく展示を始めたダイニングテーブルのご紹介をしたいと思います。当店が山陰で唯一の取り扱いとなる、ヨーロピアンモダンをベースにした『moda en casa』のオリジナルコレクションのひとつ、PIPA テーブルです。 こちらのダイニングテーブルは、セラミック天板を使っています。セラミックトップはその重さからどうしても重厚感漂うデザインが多い中、こちらの製品はすっきりとしたフォルムになっています。メタル脚はスライド式の可変タイプで、脚をスライドして好きな位置に設置することができ、使用人数・用途・空間に応じてフレキシブルに対応できるユニークなデザインになっています。サイズも幅140㎝・160㎝・180㎝の3サイズからお選び頂けて、カラーは写真のグレーとその他ホワイトもあります!スペインLevanina社製の高級セラミックTECHLAMを使用。100%天然素材、熱・傷・汚れ・水に強く抗菌効果が あり、テーブル天板に適した材料の一つで、Levantina社の独特な質感とカラーリングを実現する高い技術は世界中から高評価を受けており、10mmのガラスに3mmのセラミックを組み合わせ、強度を保ちつつすっきりとスリムな天板に仕上げています。 一般的にセラミックとは、陶磁器のことです。セラミックテーブルの魅力は、その特性から様々な分野で注目されている素材で、その中でもダイニングテーブルとして使う場合のメリットは、次のようなものがあります。   ・耐熱性が高い 熱したフライパンや鍋を置くこともできます。そのため、キッチンが狭くてもテーブルと合わせて広々とスペースを使うことができます。   ・傷がつきにくい クロスや傷防止マットなどを敷かずに、テーブルの上でバケットを切ることができます。硬度はダイヤモンドに次ぐほどであり、子どもが誤って食器やカトラリーで叩いてしまっても大丈夫です。   ・抗菌性が高い お手入れも比較的簡単です。万が一汚れてしまった場合も、アルコールスプレーを使って綺麗にすることができます。アルコール成分によって変色することもありません。   ・上品な質感がダイニングに落ち着いた印象を与える 焼き物であるセラミックにはガラスや金属、大理石とはまた違った独特の素材感があります。表面の細かな凹凸は肌触りが良く、落ち着いた自然な色合いは上品な印象を与えてくれます。   このように幅広い環境で効果を発揮できる、非常に高い機能性を持つのがセラミックの特徴です。テーブルの天板は、家具の中でも面積が大きいものの一つ。ダイニングの顔となるのにふさわしい素材ではないでしょうか。   もちろん、こちらのセラミック天板のダイニングテーブルに合わせたダイニングチェアも展示しております。 [...]

デスクにこだわってお家での仕事や趣味の時間を有意義なものに…

By | 11月 8th, 2020|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事|

皆さん、こんにちは。     今回は、お家でのお仕事や趣味の時間などで使用するデスクについてのお話です。 お子様の勉強用のデスクはもちろん、様々なデザインのデスクを取り扱っています。 シンプルな物から収納力のある物など用途に合ったデスクが必ず見つかりますよ(^^) 浜佐陀店にはデスクの展示も1点ございますので、併せてご紹介します! こちらが、浜佐陀店にて展示しておりますカリモク60のデスクです。 幅が90cmとコンパクトで、置き場所に困ることはありません。 画像右側の同じくカリモク60のチェアと合わせれば統一感が出てより雰囲気が増します。 平均的なデスクの高さが70cm~75cmほどなのに対し、こちらのデスクの高さは67.5cmと、圧迫感の出ないデザインが魅力の一つ。 こちらのデスクはフレームにアイアンを取り入れたデスク。 無骨なデザインでスッキリとした見た目ですが、2杯の引出し付きで機能性も備えています。 引き出しのフロント部分はオーク色とウォルナット色の2カラー。お部屋に合わせたカラーが選べます(^^) [...]

毎日観るテレビ。だからこそテレビボードにこだわりを

By | 11月 3rd, 2020|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事|

皆さん、こんにちは。   これから年末年始にかけて、お家で過ごす時間が増えることが予想されます。 するとどうなるかというと、生活スタイルにもよりますが、テレビを観る時間が増えるのではないでしょうか? そこで今回は、テレビを置くインテリアであるテレビボードをご紹介しようと思います。   そもそもテレビボードとは、テレビを観賞しやすい高さに配置する役割と、周辺機器をまとめる収納家具としての役割があります。 ソファーへ寝転がってテレビを観ようと思っても、テレビボードがなければ低くて見づらいですよね。 また、録画機器なども床に直置きとなってしまう上、電源コードなども丸見え...。 そう考えると、テレビボードって本当に重要な家具の一つだということがわかります。 だからこそ、好みと用途に合わせたテレビボードを選ぶべきです!   色々あってどれがいいのかわからない...そんなお悩みをお持ちの方は、NESTデザインのコーディネーターまでご相談ください。 お部屋の色味や、好みに合わせたテレビボードをご提案します(*'▽')   それでは、NESTデザインにて取り扱っているおりますテレビボードの画像をご覧ください。 どのテレビボードもカラー違いなど、店舗に展示しています。(上の2画像は学園店、一番下の画像は浜佐陀店にございます) その他、さまざまな種類のテレビボードがございます。展示品がない物に関しては、カタログをご覧いただけます。 展示品を参考に色味についてはご案内できますので、ご安心ください(^^)   最後に、ご紹介したテレビボードの別カットをご紹介します。 気になる物等ございましたらお気軽に店舗までいらしてみてくださいね(^^)/   [...]

【学園店】サイドテーブルとしても使える木肘のソファ

By | 10月 31st, 2020|Categories: 展示品紹介, 日々の出来事|

皆さん、こんにちは。   今回は、学園店に展示しております木肘が特徴的なソファをご紹介します。 ずっしりと重厚感がありながらもロータイプで空間をスッキリ見せるBRICK(ブリック)というソファです。 肌触りが柔らかく気持ちいい上に、汚れやペットの引っ掻き傷などにも強く、長期にわたってお使いいただけるウルトラスエードという生地が使われています。 カラーバリエーションも約30種類ほどあり、生地サンプルもございます。 座り心地はやや硬めで、高密度のウレタンが使用されています。背とのバランスが程よく、長時間座っていても疲れを感じません。   生地や座り心地のお話はこのぐらいまでにして、今回最もお伝えしたい特徴的な木肘の部分のお話を! BRICKはオプションで片肘、もしくは両肘に無垢材(ウォルナット色、オーク色の2種類)を取り付けることができます。   BRICKの肘部分の幅は約23cm! ちなみに、学園店にソファの展示品はこのBRICKの他にもう一つあるのですが、もう一つのソファの肘部分の幅は約13cmでした。 比べると、およそ10cmもの差があります! 木のぬくもりとスエード生地がマッチして落ち着きがありますよね。 サイドテーブルとしてもお使いいただけるので、テレビのリモコンなどを置いたり、コーヒーを置いて読書を楽しんだり、使い道は様々です。 もしコーヒーがこぼれるようなことがあっても、この生地は水にも強いのでサッと拭き取れます(*'▽')   他にも、オプションで脚の高さをお掃除ロボットでも通れるぐらいの高さへ変更できたり、生地も本革やファブリック素材など、組み合わせ自由自在な、世界に一つだけのソファにすることができます。   その他にも、このソファを取り扱っているメーカーでは特徴的な形のソファなど、個性的な商品が多くあります。 浜佐陀店にはそんなソファを展示しております。今後はそちらの商品も紹介しますね(^^)/   [...]

【学園店】広げて質感などを確かめることのできる生地サンプル

By | 10月 30th, 2020|Categories: ドレープカーテン, 展示品紹介|

皆さん、こんにちは。   今、社会現象にもなっている漫画の「鬼滅の刃」ですが、先日映画が公開されましたね。 このご時世に、10日で興行収入が100億円を突破するなどすごい勢いです...。 筆者も鬼滅の刃を観ているのですが、感動のあまり2回も観に行ってしまいました(^^;) ちなみに、好きなキャラクターはイノシシ頭の嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)です! 語りだすと止まらなくなってしまうので、ここまでにしておきます。笑     さて、今回は学園店のカーテンサンプルについてです。 学園店、浜佐陀店共にはA4サイズほどの大きさの生地サンプルがございます。 透け感や質感を確かめることはそのサンプルにて充分確かめることができるのですが、実際に広げた時のイメージが少し湧きにくいのがデメリットでした。 取り扱い商品(サンプルが現在ない物も含め)は数万種類ととても豊富なためすべての商品、カラーの大きいサンプルを店舗に置くことは難しいため、ピックアップした商品の大きいサンプルを学園店では展示しています。   それが、こちら。 遮光カーテン、天然素材を使ったカーテン、柄物のカーテン、レースカーテンがございます。   遮光には級があるけど1級でどのくらいなんだろう?といったお悩みだったり、 天然素材のカーテンの柔らかで自然な風合いを実際に見てみたい。など、 お客様が実際におっしゃられていた声に基づいて、解決のためにこのサンプルを店舗へ取り寄せました! 実際に広げてご覧いただけるので、取り付けた際のイメージが掴みやすいと大変好評頂いております(*'▽')     今後も、随時増えていく予定ですので、お楽しみに! [...]

柄物のオーダーカーテンも選択肢に入れてみては?

By | 10月 25th, 2020|Categories: ドレープカーテン, ローマンシェード|

皆さん、こんにちは。   本日は10/25(日)ですが、週末いかがお過ごしでしょうか? 風が少しありますが、とてもいい天気ですね。お出かけ日和です。 今日は宍道湖の夕日がとても綺麗なんだろうなぁ...。最近はもう帰る頃には真っ暗なので見れないのが残念です(;_;) 宍道湖の夕日を見るついでに、NEST-EX(浜佐陀店)で家具やカーテンを探してみるというのもアリなんではないでしょうか? お気軽にご来店くださいね(^^)/   さて、今回はオーダーカーテンの柄についてのお話です。 学園店には広げていただけるカーテンのサンプルがあるのですが、基本的にシンプルなデザインの物が多く、柄物がそこまでありません。 ですので、こちらでNESTデザインで取り扱っている柄物を画像と共にご紹介します! いかがでしたでしょうか。 小さいお子様のお部屋で映えそうな柄であったり、エレガントな花柄など、非常にバリエーション豊かなのが柄物の特長です。 シンプルなデザインも空間がモダンに仕上がりとてもいいのですが、柄物はそれとはまた違い、窓が映えてお部屋の印象が明るくなったり、柄を楽しむことができます。 それぞれ好みやお部屋ごとにおすすめのカーテンは変わってきますので、お悩みの際はNESTデザインのコーディネーターへご相談ください(*'▽') 一窓~承っております!     それでは。 [...]