皆さん、こんにちは。

 

今回は、カーテンの取り付け方法である枠内付け(天井付け)と枠外付け(正面付け)について、どういった感じで取り付けるの?といった声にお応えし、詳細を解説しようと思います!

 

カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法については、以前のブログにて紹介しています。

併せてそちらの詳細も下記にてご確認ください。

 

↓クリック

カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法とは?【前編】

カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法とは?【後編】

 

 

それでは、画像と共に解説していきます!

こちらは、カーテンを取り付けるために必要な「ブラケット」という部品。

このブラケットを窓枠のどこに取り付けるかで、正面付けと天井付けかが変わってきます。

ちなみに、上部画像左が「天井付け」の場合のブラケットの取り付け方、画像右が「正面付け」の場合のブラケットの取り付け方です。

 

「天井付け」は、カーテンを枠の内側に収める取り付け方で、窓周りがスッキリ見えるのが特徴。

キッチンの小窓など、場所を取らずにカーテンを取り付けたい時などにおすすめです。

「正面付け」は、ブラケットやレールを窓枠の上部へ取り付ける方法で、窓枠までしっかりと覆いたいときにはおすすめの取り付け方です。

寝室など、光の遮断が必要なお部屋などにおすすめ。



こちらは通常のカーテンレール(正面付け)。

2本のレールを支えているのがブラケットとなります。

もちろん、通常のカーテンレールも天井付けすることが可能。

用途に合わせてどちらの取り付け方法がその窓に適しているのか、見極めることが大切なんです!!

いかがでしたでしょうか?

 

それぞれの取り付け方に合う窓、場所があります。

お客様の好みなども含め、おすすめのスタイルをNESTデザインのコーディネーターがご提案します。

窓周りのお悩みは、NESTデザインで解決しますよ(*’▽’)

1窓~お受けしていますので、お気軽に店舗へお越しください。またお電話でのお問い合わせもお受けしております。

買い替えの方もぜひ(^^)/

 

 

 

それでは。