皆さま、こんにちは。

 

 

先日より学園店にて、新しく展示を始めたダイニングテーブルのご紹介をしたいと思います。

当店が山陰で唯一の取り扱いとなる、ヨーロピアンモダンをベースにした『moda en casa』のオリジナルコレクションのひとつ、PIPA テーブルです。

こちらのダイニングテーブルは、セラミック天板を使っています。セラミックトップはその重さからどうしても重厚感漂うデザインが多い中、こちらの製品はすっきりとしたフォルムになっています。

メタル脚はスライド式の可変タイプで、脚をスライドして好きな位置に設置することができ、使用人数・用途・空間に応じてフレキシブルに対応できるユニークなデザインになっています。

サイズも幅140㎝・160㎝・180㎝の3サイズからお選び頂けて、カラーは写真のグレーとその他ホワイトもあります!

スペインLevanina社製の高級セラミックTECHLAMを使用。100%天然素材、熱・傷・汚れ・水に強く抗菌効果が あり、テーブル天板に適した材料の一つで、Levantina社の独特な質感とカラーリングを実現する高い技術は世界中から高評価を受けており、10mmのガラスに3mmのセラミックを組み合わせ、強度を保ちつつすっきりとスリムな天板に仕上げています。

一般的にセラミックとは、陶磁器のことです。セラミックテーブルの魅力は、その特性から様々な分野で注目されている素材で、その中でもダイニングテーブルとして使う場合のメリットは、次のようなものがあります。

 

・耐熱性が高い

熱したフライパンや鍋を置くこともできます。そのため、キッチンが狭くてもテーブルと合わせて広々とスペースを使うことができます。

 

・傷がつきにくい

クロスや傷防止マットなどを敷かずに、テーブルの上でバケットを切ることができます。硬度はダイヤモンドに次ぐほどであり、子どもが誤って食器やカトラリーで叩いてしまっても大丈夫です。

 

・抗菌性が高い

お手入れも比較的簡単です。万が一汚れてしまった場合も、アルコールスプレーを使って綺麗にすることができます。アルコール成分によって変色することもありません。

 

・上品な質感がダイニングに落ち着いた印象を与える

焼き物であるセラミックにはガラスや金属、大理石とはまた違った独特の素材感があります。表面の細かな凹凸は肌触りが良く、落ち着いた自然な色合いは上品な印象を与えてくれます。

 

このように幅広い環境で効果を発揮できる、非常に高い機能性を持つのがセラミックの特徴です。テーブルの天板は、家具の中でも面積が大きいものの一つ。ダイニングの顔となるのにふさわしい素材ではないでしょうか。

 

もちろん、こちらのセラミック天板のダイニングテーブルに合わせたダイニングチェアも展示しております。

こちらのSOLO チェアは、メタル脚が軽やかな印象の緩やかな曲線のフォルムは背あたりが良く安定感があり、ダイニングだけでなくあらゆるシーンにマッチするチェアで、移動しやすい軽さもポイントです。また、価格も¥21000(税別)とお求めやすくなっております。

カラーは写真のビンテージ・タンとヴィンテージ・グレイの2色になります。2色とも学園店に展示しております!

こちらのHOLD チェアは、ベロア素材で滑らかな曲線フレームと背面にデザインされた格子状ステッチが高級感を生み出しています。 また、小ぶりで軽く扱いやすいのも特徴です。 その名の通りホールド感のある座り心地もポイントです。

カラーは、インディゴ・ダークグリーン・チャコールの3色になります。

 

 

 

皆さま、今回ご紹介させて頂いたダイニングセットはいかがでしたでしょうか?

私自身も、PIPA テーブルをはじめて実際に見た瞬間から「かっこいい!欲しい!」と感じ。そのデザイン性や色・質感だけでなく、ダイニングテーブルとしてのセラミックの機能性を知り、ますます欲しくなってしまいました。

 

皆さまも是非一度、学園店にお越しいただいて直接ご覧き、セラミック天板の素晴らしさを肌で感じてみて下さい!

また、あわせてご紹介したチェアの座り心地などもお確かめください。