インテリア家具・カーテンは松江のインテリアショップNESTへ



シェードカーテンは、ひも状のコードで操作し、上下に昇降させるタイプのカーテンです。

折りたたまれながら上部へ引き上がり、下ろした際はフラットな見た目。
ドレープカーテンのようなヒダがなくスッキリとした見た目で、
直射日光を遮りながらお部屋に光を採り入れることができるのが特徴。
生地の風合いや柄を楽しみたい方などにおすすめのカーテンです。

小窓と相性が良く、ドレープカーテンと同じ生地で製作できるので、
使い分けることでお部屋に統一感が生まれ、素敵な空間に。


表生地のみのシングルタイプ、表生地+レースのツインタイプと、
使用される環境にに応じてスタイルを変更できます。
窓から人通りのある道が見えたり、日差しが強い場合など、
レース生地のみを降ろして視線、光を遮るという使い分けが可能。

上下に昇降するロールスクリーンやブラインドにはない、
カーテン生地ならではのやわらかい雰囲気がシェードカーテンにはあります。


用途に応じた取り付け方

・窓枠の内側に取り付ける「天井付け」
シェードが窓枠に収まるので、空間がスッキリとします。
キッチンなど近くで人の動きがある窓などにおすすめです。

・窓枠の上部に取り付ける「正面付け」
窓をしっかりと覆うことができ、より光を遮ることができます。
寝室など遮光生地を使うお部屋などにおすすめです。

上の画像のように、寝室の小窓には遮光生地のシェードを、
大きめの腰窓はシェードと同柄のドレープカーテンを採用する。
といった使い分けができます。

※画像は正面付けとなります。




操作方法

ドラム式(画像左)とコード式(画像右)からお選びいただけます。

ドラム式

ポールチェーンと呼ばれる操作コードで生地の昇降を行います。
スピードコントローラーがついており、うっかり手を放してしまった場合にも
ゆっくりと降りてくる使用になっているので、お子様などがおられるご家庭でも安心。
大きめの窓で生地量が多い場合でも楽に操作を行えるのもポイントです。
ダブルタイプの場合でも、1本のポールチェーンで2つの生地を操作します。

コード式

紐状の操作コードで生地の昇降を行います。
コードと生地が直接繋がっているため、素早く生地を持ち上げることが可能。
生地量が多い場合は操作が重くなってしまうので、小さい窓におすすめの操作方法です。
ダブルタイプの場合は、2つの生地に2本のコードでそれぞれの生地を操作します。
片側、それぞれ左右にコードは配置できるので、用途に応じて選ぶことができます。


金額例

幅100cm×高さ30cmの横長窓の場合(シングルタイプ)→19,000円

幅40cm×高さ80cmのキッチン小窓の場合(ダブルタイプ)→24,000円

※生地のランク、操作方法によって変わってまいります。
店舗、またはお電話にてお気軽にご相談くださいませ。


シェードに関するブログはこちら!
併せてご覧ください。


柄物のオーダーカーテンも選択肢に入れてみては?

By | 10月 25th, 2020|Categories: ドレープカーテン, ローマンシェード|

皆さん、こんにちは。   本日は10/25(日)ですが、週末いかがお過ごしでしょうか? 風が少しありますが、とてもいい天気ですね。お出かけ日和です。 今日は宍道湖の夕日がとても綺麗なんだろうなぁ...。最近はもう帰る頃には真っ暗なので見れないのが残念です(;_;) 宍道湖の夕日を見るついでに、NEST-EX(浜佐陀店)で家具やカーテンを探してみるというのもアリなんではないでしょうか? お気軽にご来店くださいね(^^)/   さて、今回はオーダーカーテンの柄についてのお話です。 学園店には広げていただけるカーテンのサンプルがあるのですが、基本的にシンプルなデザインの物が多く、柄物がそこまでありません。 ですので、こちらでNESTデザインで取り扱っている柄物を画像と共にご紹介します! いかがでしたでしょうか。 小さいお子様のお部屋で映えそうな柄であったり、エレガントな花柄など、非常にバリエーション豊かなのが柄物の特長です。 シンプルなデザインも空間がモダンに仕上がりとてもいいのですが、柄物はそれとはまた違い、窓が映えてお部屋の印象が明るくなったり、柄を楽しむことができます。 それぞれ好みやお部屋ごとにおすすめのカーテンは変わってきますので、お悩みの際はNESTデザインのコーディネーターへご相談ください(*'▽') 一窓~承っております!     それでは。 [...]

枠内付け・枠外付けとは?正面付け・天井付けとは?

By | 10月 17th, 2020|Categories: タテ型ブラインド, ドレープカーテン, プリーツスクリーン, ヨコ型ブラインド, ローマンシェード, ロールスクリーン|

皆さん、こんにちは。   今回は、カーテンの取り付け方法である枠内付け(天井付け)と枠外付け(正面付け)について、どういった感じで取り付けるの?といった声にお応えし、詳細を解説しようと思います!   カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法については、以前のブログにて紹介しています。 併せてそちらの詳細も下記にてご確認ください。   ↓クリック カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法とは?【前編】 カーテンタイプごとのおすすめの取り付け方法とは?【後編】     それでは、画像と共に解説していきます! こちらは、カーテンを取り付けるために必要な「ブラケット」という部品。 このブラケットを窓枠のどこに取り付けるかで、正面付けと天井付けかが変わってきます。 ちなみに、上部画像左が「天井付け」の場合のブラケットの取り付け方、画像右が「正面付け」の場合のブラケットの取り付け方です。   「天井付け」は、カーテンを枠の内側に収める取り付け方で、窓周りがスッキリ見えるのが特徴。 キッチンの小窓など、場所を取らずにカーテンを取り付けたい時などにおすすめです。 「正面付け」は、ブラケットやレールを窓枠の上部へ取り付ける方法で、窓枠までしっかりと覆いたいときにはおすすめの取り付け方です。 寝室など、光の遮断が必要なお部屋などにおすすめ。 こちらは通常のカーテンレール(正面付け)。2本のレールを支えているのがブラケットとなります。もちろん、通常のカーテンレールも天井付けすることが可能。用途に合わせてどちらの取り付け方法がその窓に適しているのか、見極めることが大切なんです!! [...]

各カーテンタイプそれぞれの納品事例

By | 10月 16th, 2020|Categories: タテ型ブラインド, ドレープカーテン, プリーツスクリーン, ヨコ型ブラインド, ローマンシェード, ロールスクリーン, 未分類|

皆さん、こんにちは。 冬が近づいているのもあり、日中と夜や朝の寒暖差が激しくなってきましたね。 季節の変わり目は、特に風邪を引かないよう皆さんもお気を付けくださいm(__)m   さて、今回は実際にお客様のお宅に取り付けたカーテンの納品事例をご紹介します。 商品の写真だけを見るよりも実際に取り付けた写真を見た方が、イメージが湧きやすいですよね。 カラーも種類も豊富なNESTデザインのオーダーカーテン!必見です! 気になる物などございましたらお気軽に店舗にてご相談ください(^^)/ まずは、ドレープ・レースカーテンから。 シェードカーテン ロールスクリーン バーチカルブラインド ヨコ型ブラインド [...]